【体験談】30代アパレル販売員がSaaS業界のCSに転職した方法!30代でも転職可能!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

転職活動というと人生の一大イベントように感じて、なんだかしり込みしてしまうものだと思います。

僕もそうでしたが、特に一般的なビジネススキルを求められないアパレル業界から異業種に転職の場合は更にハードルが高く感じると思います。

僕はアパレル業界で販売員として8年間従事し、30歳でSaaS業界のカスタマーサクセスに転職し、年収400万円→500万円UPも実現しました!

そこでこの記事では、アパレル業界から未経験業界に転職した僕が
なぜ転職を決意したのか
・どのように転職活動をしたのか
・SaaS業界に転職できた理由
をまとめて解説します。

この記事を読めばアパレル業界で働く方が未経験業界、職種に転職するために本当に必要な手順がわかります!

アパレル販売員から転職を決意した理由

転職を決意した理由

・将来のキャリアパスが不明確だった…
・結婚を機に給与面で不安
・よりお客様と継続的な付き合いが出来る仕事がしたかった

新卒として大手セレクトショップに入社し、約8年間販売員として働いておりました。

周りから見るとタダの服馬鹿で毎月たくさんの服を購入して(たまに月の給料を超えるくらい笑)、仕事終わりにはよく飲みに行き本当に楽しく働いていました!

ただ働いているときは服が安く買えたりとアパレル業界って色々とメリットが多いと感じていたのですが、離れてみると実はメリットではなく、自分の首を絞めているものもありました。

転職を決心した理由は多くの方と同じような理由でした。

将来のキャリアパスが不明確だった…

理由の一つ目は将来のキャリアパスが不明確だった点です。

販売員として働いているとその次のキャリアは店長になることが王道かと思います。

もちろん私も目指しておりましたがこの店長になるための条件があまりに不明確だったのです。

何をしたら店長になれるのか、どれだけ実績を出したらなれるのかわからなかったのです。

またセレクトショップということもあり、あまり多くの店を出店していなかったので店長になれる人数にも上限があり、なかなか店長になれる気配はありませんでした。

「このまま販売員として働いていて、店長になれるのだろうか。」
「店長になった後のキャリアになるにはどうすればいいのだろうか」

こんな風に考えるようになりました。

もちろん販売員として長く働いていればいずれ店長になれたと思いますが、それが1年後なのか、10年後なのかわからず不安な気持ちで働いていました。

結婚を機に給与面で不安

私事ですがプライベートでは、29歳の年に結婚をしました。

それからは古い男性の考えかもしれませんが、「一家の主として稼がなければ!」そんな風に考えるようになりました。

どこのアパレル企業もそうかもしれませんが、なかなか給与が上がりません。

上がらない上に最初のスタートが高くないので、8年間勤務しても年収は400万円ほどでした。(これは同期中でもかなりいい方だったと思います。)

これから家庭を持つ身としてこのままでいいのか、家庭を支えられるのかと考えるようになったのです。

よりお客様と継続的な付き合いが出来る仕事がしたかった

販売員として長年働いていたので、もちろん接客は大好きでした!

ですが、基本的にアパレル企業は小売業のため、商品を売ることが商売です。

そのため基本的なお客様との関係性は商品を売ったら終わりでした。

買っていただいた商品が本当に気に入っていただいた方は再来店するまでわからないのです。
(再来店がなければわからないまま)

本当に自分が撃った商品は喜んでもらえたのか?と知りたいと常々考えておりました。

そこで転職エージェントの方にお勧めしてもらった職種が「カスタマーサクセス」でした。

カスタマーサクセスはSaaSのサービスを導入いただいた企業が成果創出するために支援する仕事です。

買ったら終わりではなく、買ってから(契約してから)がスタートなんです!

そんな仕事があるのか!とカスタマーサクセスとして働きたくなりました!

カスタマーサクセスという職種を知らなかった私に教えてくれたエージェントの方には本当に感謝です…

これらが私がアパレル業界から転職しようと考えた理由ですが、正直アパレル業界で働く人なら誰もが思うことだと思います。

アパレルから転職するときの不安解消!

転職活動を始めよう!と考えても、いろいろと不安が出てくると思います。

特に不安に思うであろう
・異業種に転職は可能か?
・30代でも転職は可能か?

これらの不安を解消していきたいと思います!

アパレルから異業種、未経験職種へ転職は可能!

結論から言うと、アパレル業界、販売員から異業種への転職は可能です!
ただし、応募できる案件が「未経験可」の募集に絞り込まれる傾向が強かったです。

そのため別業界の営業の方などに比較すると選択肢が少ない傾向にあります。
ただ未経験可の募集もたくさんあったので、募集が少なくて困るということは一切ありませんでした!

アパレルから転職できるのかなと不安な方はご安心ください!
アパレルから転職におすすめの職種を別の記事でご紹介させていただきます!

年齢は関係ない?!アパレルから転職は30代でも可能!

結論転職は可能ですが、「年齢は若いに越したことはない」というありきたりな答えになります…

僕は30歳で転職し、先輩も36歳で転職をしていました。
ただし年齢が上がれば上がるほど役職がついていない選択肢が少なくなっていくと思います。
年齢が30後半くらいから未経験となると不動産系や保険系の募集が多いようです。

そのためやはり若い方が選択肢は多いですが、役職がついていれば(店長、SV等)より良いと言えます。
比較的若い方で目指せば店長になれるという方は頑張って店長になってから転職活動をするというのも選択肢の一つかもしれません。

こちらの記事でも詳しく紹介しております!

実体験!アパレルから異業種へ転職した方法!

こんなありきたりな理由から私がどうやって異業種のSaaS業界のカスタマーサクセスに転職したかをご紹介させていただきたいと思います!

詳しい転職活動の流れについては別途解説させていただきます!

直近で転職をした同僚に相談

まず僕が転職を考えた時に一番最初にしたのが、直近で転職をした同僚に相談したことです。

同僚の中でも異業種に転職をした同僚に話を聞いたことで、アパレル出身者が異業種で活躍できているのか、どんな点で苦労しているのかなど把握することでき、本当に参考になりました。

また同僚が活躍できているという話を聞くとなんだか自分自身にも自信が湧いてきます!笑

とりあえずエージェントに登録・面談をする!

本当にこれが重要で、これさえやってしまえば転職活動の半分は終わったといっても過言ではないかもしれないです笑

何事もそうなのですが、何か新しいことを始めるときは最初の一歩が一番めんどくさいですよね。

アパレルの販売員として働き、すこしでも頭に転職という考えがよぎった方(このブログを読んでいる方はそうかもしれませんが)はまずは転職エージェントに相談してみましょう!

やはり転職の悩みは転職のプロに聞くのが一番早いです!

転職エージェントに登録したら、企業の面接を絶対に受けるって思う方も多いと思いますが、実は違うんです。

まずは自分自身の転職理由や希望業界などをエージェントの方に聞かれるので一緒に棚卸をしたり、今の転職市場の情報をいただいたりなんかもできます。

僕の思う転職エージェントを使う理由は下記となります。

エージェント使う理由

・転職理由について棚卸できる
・業界について相談できる
・様々な職種を提案してくれる
・書類の添削
・面接対策

これらを自分自身で考えることもいいのですが、エージェントの方に実際に自分の口で話して、整理してもらうことでより自分自身の転職の軸が明確になっていきます。

この作業を一人でやろうとすると働きながらなので本当に大変だと思います…

転職の軸が明確になると、本当に転職すべきかどうかがわかります。
そこで今の会社の方が良い!と思えば転職活動をやめて、今の会社で頑張ればいいのです。
やっぱり今の会社より別の会社の方が魅力を感じると思うのであれば転職をすればいいと思います。

ここが非常に重要で軸がないと多くの募集で目がくらみ何に募集したらいいのか、どんな仕事がしたいのかわからなくなります。

これをエージェントを利用してしっかりと判断できるようにするのです。

ここで私はたまたまエージェントの方から「カスタマーサクセス」という今の仕事を紹介いただき、転職することを決心しました!

本当に相談しなければ知らなかったので、エージェントの方には感謝しております。

まずは転職すべきかどうかで悩むのであれば、一旦相談して決めるということも選択肢にあってもいいと思います。

なのでまずは転職サイトに登録し、エージェントに相談してみましょう!

アパレル販売員の強みを知る!

販売員の強み

・コミュニケーション能力=関係構築力
・第一印象が良い=短時間での信頼関係構築
・数値目標達成への計画性
・ヒアリング力と提案力

アパレル業界から異業種に転職しようとすると、アパレル業界・アパレル販売員としての強みって何だろうと悩むと思いますが、これから職務経歴書を書いたり、面談を進めるにあたってここをしっかりと抑えておくことが非常に重要でした。

自分自身ではあまり強みと思っていないことも、販売員として働いてきたことで知らず知らずに強みとなっていることもあります!

これらは僕自身が今異業種で働いていてアパレル販売員でよかったなと思う部分です。

コミュニケーション能力=関係構築力

今カスタマーサクセスとして導入企業の担当の方と話す機会があるのですが初対面の方と話すということは販売をしているときには日常茶飯事だったので、うまい下手は別として苦になりませんでした。

また取引先もそうなんですが、一緒に働いてる同僚とも比較的コミュニケーションはうまく取れていると思うのと、話しやすいと言われたこともあります。

そして特筆すべきは決しては僕はアパレル時代にコミュニケーション能力が高い部類の人間ではなかったことです。

スーパー販売員のような同期などに比べて販売実績も劣っており、コミュニケーション能力でも劣っていたと思います。

それでも外部に出てみるとコミュニケーション能力高く、関係構築力が高いと評価されるのです。

第一印象が良い=短時間での信頼関係構築

店頭で「いらっしゃいませ」と元気に挨拶していた経験からか、挨拶をしっかりとするので第一印象が良いと言われることも非常に多いです。

これは1時間程度しかない転職の面接では第一印象が非常に重要なので非常に有利です。

見た目も重要ですが、話すトーンなども非常に重要で店頭での経験が非常に活きてきます。

特に最近はリモートワークも増え、対面ではなくオンラインでの会議、商談が多いです。

そのため取引先の方との商談などでも第一印象は非常に重要で、第一印象が良いということは信頼関係を構築する最初の一歩とも言えますので非常に強力な強みとなります。

数値目標達成への計画性

大体のアパレルの企業は個人個人に売上の目標があったと思います。

そこでそれを月毎、週毎、日毎に数値を落とし込み、また一日何名お会計すればいいかなどしっかりと考えていたと思います!

数値目標に対していかにして達成するのか細分化して考えるということは非常に重要であり、転職での強みとなります!

ヒアリング力と提案力

洋服を販売するにはお客様の持っているワードローブを上手にヒアリングをしたり、明確に欲しいものが決まっていない方はお客様のニーズを明確にするためにヒアリングしそれを満たす提案をしてきたと思います。

それは別の仕事でも非常に重要で、相手の考えをくみ取ったり、相手の話をヒアリングを交えつつ整理する。

そしてそれに対しての最適解(アパレルの場合は最適な服)を提案するという経験は非常に高く評価されました!

強みを活かした自己PRを作成!

販売員としての強みを整理したら、自分自身の強み弱みをしっかりと把握しましょう!

私が実施した方法は3つです。

  1. 自分自身が得意・苦手と思うことをひたすら箇条書き
  2. 先輩、同僚に教えてもらう
  3. 転職サイトの診断を行い、エージェントの方に添削してもらう

自分自身が得意・苦手と思うことをひたすら箇条書き

これは非常に簡単ですが、まずは自分自身が得意、苦手と思う部分をひたすらにノートなどの記載していきます!

ちょっとした些細な事でもいいので書き出していくのと、得意なことがない!なんて場合は好きなことでもいいのでとにかく書き出していきます。

そうすることで自分自身が気になっている職種は本当に自分のやりたいことなのかなど見えてくると思います。

また書き出すことで考えが整理されるのでぜひやってみてください!

先輩、同僚に教えてもらう

これが本当におすすめです!
本当の強みという部分は自分ではなく、案外他人が知っているということもあります。

私自身転職する際に同僚に自分自身の強みを聞いてみたら自分では思いがけない強みを言ってくれたりして、他人から見るとそうなのかーと非常に勉強になりました!

少し恥ずかしいかもしれませんが、是非実施してみてください!

転職サイトの診断を行い、エージェントの方に添削してもらう

転職エージェントのサイトに登録をすると自己分析の診断ツールのようなものがあります。
質問に回答していくだけで自分自身の仕事の軸などがわかったりして非常に便利です。

どれもアンケートに答えるだけだったり非常に簡単に実施することが可能です。

またある程度自分自身の強み弱みを抑えたら、転職エージェントの方に添削してもらうのが非常に有効です。

どう書いたらより相手に伝わるのか、魅力的に見えるのかなどプロに添削してもらうとより具体的になるので是非実施してください!

詳しい職務経歴書の書き方については別途ご紹介させていただきます!

未経験且つ年収UPを狙うなら不動産系またはベンチャー企業!

未経験で年収UPを狙うのであれば、それなりに職種・業界は絞り込まれてきました。

年収は業界によって決まってくる部分もあるので、自分の行きたい業界は平均年収は高いのかによって年収は決まってくるといっても過言ではないかもしれないです。

アパレル業界は業界として平均年収が低いため、年収が上がりにくいという背景もあります。

基本的に年収が高い傾向にあるのは定番である「不動産」「保険」などの自分の頑張りでインセンティブが発生するような業界と「ベンチャー/スタートアップ企業」でした。

私の場合は「ベンチャー/スタートアップ企業」に絞って応募を申し込みました。

確かに大手に比較すると福利厚生は全くないに等しいのですが、社員数もまだ60名程度でこれから伸びしろがある、自分自身の頑張りが会社全体に影響を与えられるのはやりがいにつながると考えたからです。

業界・職種とPCスキルを猛勉強!

しっかりと自己PRを考え、職務経歴書ができてきたら募集にエントリーしていくのですが、ここで注意すべきなのが興味ない業界などにもいっぱい応募しないということです。

しっかりと自分自身の強み弱み、転職の軸にあった企業や業界に絞って応募を行います。

ここで無暗に応募すると、書類選考が進み面談となると働きながら多くの面談をこなすのは非常に大変です。

しっかりと自分自身が興味があるところに絞ったらトコトンその業界、業種について勉強をしました。

筆者の場合

  • SaaS業界志望だったため、SaaS業界の仕組みについて勉強
  • カスタマーサクセスという職種について勉強
  • これらの勉強のために書籍を3冊ほど読む
  • SaaS業界=IT業界なので、PCスキルを一から勉強

実際に仕事はできないのでとにかく知識をつけることをしました。
特にSaaS業界の職種はカスタマーサクセス、インサイドセールス、フィールドセールスなどいわゆる営業などと一括りにせず分業されています。

これについて世の中の方の認知が低いので、あらかじめ勉強しておくことで面接官の言っていることの理解が進むのと、面接の質問で勉強内容を踏まえた質問をすると非常に高評価をしてくれました。

また販売員時代は数値分析等で多少PCを触ることはありましたが、本格的にエクセル等を使用することはあまりありませんでした。
そこでいちからエクセルの関数やグラフの作り方を勉強したのですが、今の仕事をするにあたって必須スキルなので、本当に勉強してよかったです。
特にアパレル業界で働いていて、事務に転職したい女性の方はPCスキルは必須だと言えますので、独学やスクールに通うなどしっかり勉強しましょう!

私の場合はこちらのエクセルの本を購入し、勉強をしました!

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

PCスキルがないとなると、今の職場ではかなり苦労したと思います…

転職の場合は即戦力を欲しているので、事前に学習しすぐにでも戦力になろうとしているという姿勢と最低限のPCスキルは必須条件かと思います!

転職エージェントを使って面談練習!

希望業界・職種についてしっかりと勉強をしても面談でうまく話せないと内定をいただくことはできません。

そこで僕が実施したのは一人で練習することはもちろんですが、転職エージェントに面接練習をしていただいたことです。

自分自身で話していても、うまく伝わったか確認ができなかったり相手から見た印象などは確認ができないため、絶対に実施してフィードバックをもらいましょう!

少々面倒かもしれませんが、自分の志望するところに入りたいのであれば頑張って練習をしましょう!

最初面接練習をしなかった僕は面接で何度か落ちましたが、エージェントのアドバイス通りに話したりしたところ面接の突破率が高まり、無事内定をいただくことができました!

詳しい面接対策は別途解説させていただきます!

アパレルからの転職におすすめの転職エージェント

アパレル業界からの転職にお勧めの転職サイト・エージェントをご紹介させていただきます!

おすすめの転職エージェント

記載したものはすべて転職するにあたって利用するメジャーどころになっておりますが、「リクナビNext」のみサイト型のため他とはすこし形態が異なります。

「リクナビNext」はサイト型となっており、他のところ一番の違いは専用のエージェントがつかないことです。特段サポートがないため、自分自身で申し込み等をすべて行うこととなります。

「リクナビNext」はどんな求人があるか確認するのに便利なので、転職しようか悩んでいるという方はどんな求人があるか確認するために登録するのがいいと思います!

他の「リクナビエージェント」「doda」「マイナビAGENT」は大手のエージェントとなり、大概の方はここの3つは登録していると思います。

この3つの違いは正直大差はなく、この3つの中で一番信頼できるエージェントのところをメインで使うというのが一番良い使い方だと思います!

私は「doda」の担当の方が一番丁寧で、提案も的確でしたのでdodaをメインで利用しておりましたが、私の奥さんは「リクナビエージェント」が一番良かったと言っています。

どこもサービス内容として特段差はないと思います。

少々手間ですが、転職は人によっては人生の分岐点かもしれないので頑張って複数登録してみましょう!

まとめ:30代のアパレルからの転職は可能!転職活動はノーリスク!とりあえずやってみよう!

私自身転職して本当に良かったと思っております。

それは単純に年収が上がったからということもありますが、新しい仕事が刺激的なのと新しい職種に就いたことで今後の自分自身の可能性が広がったからです。

転職せずに販売員としてずっと働いていたら、ずっと販売員かアパレル業界の中で生涯を終えたと思います。

転職活動はノーリスクです!
転職活動をしたからと言って、絶対に転職するというわけではなく、今働いている会社は自分に合っているのか?より自分に合っている会社はないのか?という確認作業だと言えるかもしれません。

少しでも転職を考えている方は是非転職エージェントの話を聞いたり、転職サイトの求人を見てみるなどとにかくアクションをしてみてください!

いかがおすすめの転職エージェントになっております!

このブログでは筆者が大手アパレルのセレクトショップからSaaS業界に転職した経験をもとにアパレル方向けに転職情報を発信しております!
是非他の記事もご覧になってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください