セレクトショップとは?という疑問解消!元セレクトショップ店長が教えます

セレクトショップとは セレクトショップ

セレクトショップってなんだろう?

いろいろな店があって違いがわからない。

こういった悩みを持っている方って多いですよね?
またお店もBEAMS、ユナイテッドアローズ、アーバンリサーチ、ジャーナルスタンダードなどいろいろあって正直よくわからないですよね?

今回MKSK元有名セレクトショップ店長がこの疑問に答えていきたいと思います!
もともと内部の人間だったので、他の方より詳しく、簡単に説明していきたい思います!

そもそもセレクトショップとはなに?

セレクトショップとは セレクトショップ
特定のブランドだけでなく、
そのお店のコンセプトに合ったブランド・商品を
国内外から仕入れて(セレクト)販売するお店(ショップ)

例:アディダスショップ
アディダスの商品しか販売しないですよね?
ライバルのナイキなどを販売するのは絶対にないですよね?
しかしセレクトショップ(ビームス、ユナイテッドアローズなど)は
アディダスも置いてますし、そのライバルのナイキなども置いてます。
はたまたリーバイスとか様々なブランドを置いてますよね?

このようにブランドのコンセプトに合わせておすすめのブランド、商品をセレクト
して販売しているのがセレクトショップです。

セレクトショップはすべてセレクト品ではない?!

セレクトショップなのに商品仕入れないの?!

ここは皆様に知っていただきたいのですが
セレクトショップだからと言って
すべての商品が国内外から仕入れた商品ではないのです!

一定の割合でセレクトショップ企画のオリジナルの商品
(通称「セレオリ」または「オリ」)を展開しているのです。

BEAMS(ビームス)に行ったりすると
首裏のタグのところにBEAMSと記載されているのがあると思います。
そういったものがセレオリと言われるオリジナル商品になります。
最近ではセレオリの比重が高まっております。

理由は2つ
➀利益率が高いから
➁自分たちの提案したいスタイリングを構成するため

➀利益率が高いから
これはその通りで商品を仕入れると様々なコストなどがかかり原価率が上がります。
反面仕入れ品は自社企画なのでコストは抑えられます。

➁自分たちの提案したいコーディネートを構成するため
どういうこと?って感じなると思いますが、先ほどの例のように
今年はアディダスを押したいからアディダスばかり仕入れてたらアディダスショップと変わらないですよね?
しかしセレクトショップは提案が武器なので人気のアディダスのそのスニーカーにはこういうパンツ・ズボンがおすすめという
提案をするためにセレクトオリジナル商品があるのです!

なので、セレクトショップと言っても全てがすべて仕入れ品ではないということは覚えておいてください!

セレクトショップと言ってもすべてがセレクトした商品ではない。
通称「セレオリ」と言われるオリジナル商品もある!

セレクトショップは大きく分けて3つ

ではセレクトショップにはどのような種類があるのか見て行きましょう!
大きく分けると下記の3つに分かれます!

  • 大手セレクトショップ(セレクト多)高価格
  • 大手セレクトショップ(セレクト少)低価格
  • 小型セレクトショップ(セレクト多)中~高価格

大手セレクトショップ(セレクト多)高価格

出典:Time Out Tokyo

■ブランド例
BEAMS(ビームス)ユナイテッドアローズ、
ジャーナルスタンダード、アーバンリサーチ、トゥモローランドetc

■おすすめの方
高感度・トレンドを抑えたおしゃれを楽しみたい!
質のいい商品が欲しい!
質の高い接客を受けたい!

■特徴
セレクト品:多 セレオリ:多~少(店舗によりけり)
価格:高
品揃え:多 名品~トレンド品まで幅広く展開

ポイントカード、VIP待遇などお得なサービスなどあり。

大手の会社が経営しており、これらのメインとなるブランドのお店となります。
セレオリも置いているが、セレクトした商品も多い。
革靴では10万円の商品などもあったり基本的に高価格帯の商品が多いのが特徴です。
その分商品の質は高く、トレンドを抑えたもの、名品と言われる定番のものなど幅広く取り揃えております。
表参道、六本木、原宿などのエリア、路面店はセレクト品が多い傾向。
反対にルミネなど駅ビルなどの店舗はセレクト品が少なく、セレオリが多い傾向。
ブランディングにより、出店数は多くない。
路面店は内装などもこだわっており、高級感を感じられます。
沢山買い物するとVIPとなり色々な待遇あり。

名品~トレンド品まで幅広い品ぞろえ
オシャレ好き、高級志向の方にはGOOD
質の高い接客・サービス
価格が比較的高い
高級感ある内装のため、買い物慣れしていない方には入りづらい

大手セレクトショップ(セレクト少)低価格

セレクトショップ セレクトショップとは
出典:BEAMS公式ページ

■ブランド例
B:MING by BEAMS(ビーミング)、United Arrows green label relaxing(グリーンレーベル)ジャーナルスタンダードrelume(レリューム)、アーバンリサーチDoors(ドアーズ)etc

■おすすめの方
今流行りのもの、おしゃれなアイテムを手軽な価格で買いたい!
ユニクロなどより上質なものが良い!
家族で買い物に行きたい!

■特徴
セレクト品:少 セレオリ:多
価格:低~中
品揃え:並 セレオリ中心の品ぞろえでトッピング的な感じでセレクト品

ポイントカード、VIP待遇などお得なサービスなどあり。

こちらの特徴はセレクトショップの中でもセレオリが多いのが特徴
今流行りのモノや定番品などを比較的リーズナブルに購入できます。
セレクト品はあまりなく、あっても価格が高くないものを置いているのが特徴。
ユニクロなどもいいけどもう少しデザインや素材にこだわっているものを買いたいという方には特におすすめ。
出店立地も基本的にショッピングモール(ルミネ、ららぽーと等)に出店。
出店数も高価格のセレクトショップと比較して多く、とにかく行きやすいです。
ご家族などで行くのに適したお店という印象。
子供服の取り扱いがあるブランドもあり、家族みんなで楽しめます。

リーズナブルな価格でおしゃれな商品。
ショッピングモールなどにあり、いきやすい。
子供服などもあり、家族で買い物を楽しめる。
高品質、最先端のトレンドなど好みの方には不十分な品揃え
ショッピングモールにあるので基本的に混んでいる
ゆっくり買い物したい方には来店時間の見極めが必要

小型セレクトショップ(セレクト多)中~高価格  

セレクトショップ セレクトショップとは

■ブランド例
こちらは個人経営だったり、その土地ならではのショップとなります。
1LDK、ROOTS to BRANCHES etc

■おすすめの方
ゆっくり買い物がしたい
店員さんと親密になりたい

■特徴
セレクト品:多 セレオリ:ほとんど無し
価格:中~高
品揃え:少 しかしこだわりの商品が多い

ポイントカード、VIP待遇などお得なサービスなど基本的にない。

大手セレクトショップとの一番の違いはそのお店の規模間だと思います。
大手はその資本力からショッピングモールなど大きなお店を構えていますが小型のセレクトショップは逆に小さいお店が基本的には多いです。
だからこそ、店員さんとの距離が近くしっかりと話したり、接客してもらって商品を買いたいという方にはお勧め。
反面狭いので逃げ場がないです。笑
なのであまり接客に慣れていないと滞在しにくいのも事実です。
お店が小さい分そのお店のコンセプトや雰囲気が非常にわかりやすく、
自分の好みの店かどうかがわかりやすい。
商品は多くないが、こだわりのある商品が多く見ていて面白いです。
また店員さんも少ないことからすぐ顔馴染みになれ、
一回お買い物して気に入れば今後も買い物がしやすく、
店員さんもいろいろとよくしてくれます。

店員さんと親しくなりたい、ゆっくり買い物したいという方
こだわりのある品ぞろえが多く面白い
店が狭く買い物慣れしていないとかなり滞在しづらい。
商品が少なく、好みに合わないととことん合わない。

まとめ 自分に合ったセレクトショップを利用しよう!

いかがでしたでしょうか?
セレクトショップと一言で言っても様々な種類がるのが現状です。
今回は大きく分けて3種類ご紹介させていただきました。

まずは価格帯で選ぶ、そのあとに実際にお店に一度足を運ぶのが良いと思います!
特に大手セレクトショップのの低価格のお店であれば
基本的にショッピングモールにあるので、このブランドで紹介したブランドは大抵1つの建物に入っておりますのでいろいろ行ってみるといいと思います。

少しでもお役に立てたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました