【2021年最新版】ここを抑えておけば間違いない!抑えておきたいおすすめセレクトショップ3社を比較!

セレクトショップ 大手 比較 

セレクトショップって色々ありすぎてわからないよ・・・

お買い物に出かけると、あまりに多くのブランド・セレクトショップがあって、何が何だかわけがわからない・・・なんてことになりますよね。

今回は数多くあるセレクトショップの中でも厳選して3社を紹介!
その3社とはBEAMS、UNITED ARROWS、BAYCREW’S GROUPです!
この3社は同じセレクトショップですが、数多くのブランド・レーベルのお店を展開しており、同じ会社でもブランドによってお店のテイストが異なります!

今回はセレクトショップの中で抑えておくべき3社の展開ブランド特徴を説明させていただきます!
なので正直この3社だけ押さえれば他のお店には行かないで良いと思います!

この記事を読めば、どこのお店に行けばいいかお気に入りのお店ブランド見つかると思います!

セレクトショップについては別の記事で紹介しておりますので、是非ご覧ください!

BEAMS(ビームス)

まず抑えておきたい一つ目はBEAMSです!何と言っても日本のセレクトショップの元祖といえるショップです!

BEAMSの歴史は古く、なんと創業1976年となる老舗です!さすが老舗と言わせる品揃えは必ず抑えておくべき一つです!

カジュアルテイストが好きな方にはおすすめ!

BEAMS(ビームス)を徹底解説!

BEAMSについてはこちらの記事にて徹底解説しているので是非こちらもあわせてご覧ください!

特徴:商品、品揃え、テイスト

BEAMSの特徴としては洋服のスタイルとして、所謂アメカジがベースとなっており、カジュアルに強いブランドとなります。古着テイストやストリートテイストのアイテムが多いですが、BEAMS Fを始めドレスラインも展開しております。上の画像はBEAMS原宿店(所謂旗艦店です。)の写真ですが、ストリート、アメカジベースのアイテムですが、どこか今っぽくてカッコいい店内となっております。

基本的にアメカジベース、ストリートベースのカジュアルなテイスト、雰囲気がお好きな方に非常におススメです!

セレクトショップとして、先駆的な仕入れのアイテムも多いですが、オリジナルの商品のクオリティも非常に高いです。特に最近はストリートスタイルのSSZ(エス エス ズィー)は非常に人気が高く、即完売商品が非常に多いです。

企業理念で“LIFE STYLE CREATOR”と謳っており、洋服だけでなく雑貨などのアイテムも多くそろえているのが特徴です。なのでBEAMSの店舗に行くとかわいい、かっこいい雑貨も多く楽しめます!

お求めやすいB:MING by BEAMS(ビーミングバイビームス)からハイクオリティのInternational Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリービームス)までと幅広いブランドを展開しております。

また株式会社BEAMSは上場していないのも特徴で、そのためレコード屋など様々な面白いお店が多いことも特徴となっております。

特徴:接客、スタッフ

【BEAMS LIVE】スタッフが実際購入した“ミリタリー”アイテムを紹介

お店によりけりではありますが、おすすめする3社の中では一番ラフな感じかと思います。特段販売員の方から積極的にコミュニケーションを図ってくることは少ない傾向にあります。その分ゆったりと洋服を見れるかと思います!ただし、いろいろと相談したいという方には自信から声をかけに行かないといけないのでハードルが高いかも・・・?

販売員の方は個性的な方、おしゃれな方が非常に多い印象です。個性がはっきりしているので自分好みの販売員の方に出会える可能性は高いかもしれません。

*あくまで個人の感想となります。

展開ブランド・レーベル

セレクトショップは幅広い層に利用しているため、自社の中でも多くのブランド・レーベルを展開しております。これはBEAMSも同じで下記がBEAMSの展開ブランド・レーベルとなります。

ここもBEAMSだったんだ!なんてこともあるかと思います。

  • BEAMS(ビームス)男女展開
  • BEAMS+(ビームスプラス)男性のみ
  • Ray BEAMS(レイ ビームス)女性のみ
  • BEAMS BOY(ビームスボーイ)女性のみ
  • BRAMS F(ビームスエフ)男性のみ スーツなどのドレスアイテムメイン
  • Brilla per il guste (ブリッラペルイルグスト)男性のみ
  • Demi-Luxe BEAMS(デミルクスビームス)女性のみ
  • EFFE BEAMS(エッフェッビームス)女性のみ
  • Vermeenist BEAMS(フェルメリストビームス)女性のみ
  • International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリービームス)男女展開
  • BEAMS LIGHTS(ビームスライツ)男女展開
  • B:MING by BEAMS(ビーミングバイビームス)男女キッズ
  • BeAMS.(ビームスドット)男女
  • BEAMS HEART(ビームスハート)男女
  • merrier BEAMS(メリアビームス)女性、キッズ
  • こどもビームス (こどもビームス)キッズ
  • BEAMS mini(ビームスミニ)キッズ
  • BEAMS GOLF(ビームスゴルフ)男女ゴルフウェア
  • ビームスT(ビームスティー)男女
  • fennica(フェニカ)男女
  • BEAMS JAPAN(ビームスジャパン)男女
  • B印YOSHIDA(ビージルシヨシダ)バッグ
  • bPr BEAMS(ビーピーアールビームス)雑貨系
  • TOKYO CULTuART by BEAMS(トーキョーカルチャートバイビームス)男女
  • BEAMS RECORDS(ビームスレコーズ)レコード屋
  • VAPORIZE(ヴェイパライズ)男性のみ
  • mmts(マミタス)女性のみ
  • CAROLINA GLASER(カロリナグレイサー)女性のみ
  • JOIEVE(ジョエブ)女性のみ
  • Pilgrim SURF+SUPPLY(ピルグリムサーフアンドサプライ)男女
  • Bill Wall Leather(ビルウォールレザー)男女アクセサリー

なんと合計31ブランドも展開しております。基本的にBEAMSと入っておりますが、入っていないブランドもあり、ここもそうだったんだ!なんてこともあるかと思います!

逆にブランドが多すぎて、なにがなんだかわからない・・・なんて可能性もあるかもしれませんね。。。笑

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

次におすすめするのがUNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)です!BEAMSと共に言わずと知れたセレクトショップではないでしょうか?

もともとBEAMSで店長をしていた重松理さんという方が独立して始めた会社で、1989年創業となっております。

キレイ目テイストの服が多く、ここで買っておけば間違いない!という商品が多いと思います!どこで買うか悩む方はとりあえすユナイテッドアローズをおすすめします!

特徴:商品、品揃え、テイスト

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の特徴としてはビームスとは打って変わりキレイ目のテイストの商品が多く、店内は高級感があるお店が多いです。若い方からご年配の方が着れるような商品が多いかと思います。とがったアイテムも少なくファッション初心者の方には取り入れやすいアイテムが多いのが特徴です。

キレイ目テイストで質が良く、且つベーシックなアイテムも多く、長年着用できることが多いです!価格は少し高いかもしれませんが、コスパはいいかもしれません。

とはいえ、すべてが無難ということではなく、すこしエッジが効いたアイテムなんかも本店である原宿店に構えるUNITED ARROWS & SONSでは取り扱っております。

ドレス(いわゆるスーツやジャケット)の取り扱いを得意としており、スーツを買うなら是非ユナイテッドアローズがおすすめです。海外の有名ブランドの記事を使用したスーツから自社で作成したオリジナルの記事、作りの比較的安価なスーツなど揃えており、おしゃれで量販店以外で購入したいという方は一見の価値ありです!

経営理念を「真心と美意識をこめてお客様の明日を創り、生活文化のスタンダードを創造し続ける。」と謳っており、実はあまり知られていませんがリノベーションの住宅販売なんかもしております!

特徴:接客、スタッフ

(株)ユナイテッドアローズ 新卒向け(豊永 譲司)

個人的な感想もですし、他のサイトなどを見ててもなんですが、接客の質が他社に比べて高いのが特徴です。販売員の方が非常に丁寧で、明るく親しみやすい印象です。誰に接客されてもそれなりに良い接客をしてくれるという印象です。ファッションについて詳しくなく、いろいろ聞いてみたい!なんて方にはお勧めです!

しかしどちらかというと、積極的に接客に来るので声をかけられずにゆっくり見たいなんて方には少し不向きのお店かもしれません。

ブランドにもよりますが、販売員の方はキレイ目なオシャレで、落ち着いた雰囲気の方が多く親しみを感じやすいです。まさに上の動画のようなカッコいい大人の男性みたいなスタッフの方もいらっしゃいます。

その反面BEAMSのように個性的な方は少ない印象・・・

展開ブランド・レーベル

BEAMSと同じで幅広いブランド・レーベルを展開しております。ビームスに比較すると少ない印象で、どちらかというと年齢層が高く級なラインが多いように感じます。またほとんどのものが衣服をメインとしており、雑貨、飲食などは展開せず、衣服の身に絞っているのが特徴です!

  • UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)男女
  • BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS(ビューティーアンドユース)男女
  • UNITED ARROWS green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)男女キッズ
  • THE SOVEREIGN HOUSE(ザ ソブリンハウス)男性のみ
  • District UNITED ARROWS(ディストリクト)男性のみ
  • Odette e Odile(オデットエオディール)靴のみ女性のみ
  • DRAWER(ドゥロワー)女性のみ
  • UNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズアンドサンズ)男性のみ
  • THE AIRPORT STORE UNITED ARROWS LTD.(ジエアポートストア)男女
  • THE STATION STORE UNITED ARROWS LTD.(ザステーションストア)男女
  • monkey time BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS(モンキータイム)男女
  • STEVEN ALAN(スティーブンアラン)男女
  • ASTRAET(アストラット)女性
  • 6(ROKU) (ロク)女性
  • H BEAUTY & YOUTH(エイチビューティーアンドユース)男女
  • WORK TRIP OUTFITS GREEN LABEL RELAXING(ワークトリップアウトフィッツ)男女
  • AEWEN MATOPH(イウエンマトフ)女性
  • LOEFF(ロエフ)男女
  • BLAMINK(ブラミンク)女性

合計19ブランドとなっており、衣服しかないのが特徴且つ、カジュアルテイストは少なく、大人の女性向けブランドが多いのが特徴です!

BAYCREW’S GROUP(ベイクルーズグループ)

出典:Apparel web

最後に紹介するのがBAYCREW’S GROUP(ベイクルーズグループ)となります!ベイクルーズと聞いてもあまりピンとこない方がほとんどだと思います。それもそのはずで今まで紹介してきたビームス、ユナイテッドアローズと違いベイクルーズはベイクルーズという名の店舗がないからです!

ベイクルーズの代表的なブランドで言うとジャーナルスタンダード、エディフィスなどが有名で聞いたことがあるのでないでしょうか?

アメカジ~フレンチテイストまであり、エッジの聞いたアイテムから定番アイテムと幅広いラインナップで年齢層も幅広く多くの方がご利用できると思います!ユナイテッドアローズ、ビームスよりは価格帯が若干安いように感じます。

歴史は古く1977年創業で最初は現在のスピックアンドスパンの前身にあたる、Dear SHERYLを下北沢にOPENしたころから始まります。

衣服のほかに飲食店や家具屋さんなどを展開しており、衣食住を網羅しております!

特徴:商品、品揃え、テイスト

ベイクルーズ セレクトショップ 大手 比較
出典:Kanome

ベイクルーズの特徴としては店舗によって、テイストががらりと変わることです!ビームス、ユナイテッドアローズは軸となるテイストがあり、そこから派生している感じでありますが、ベイクルーズが展開しているブランド・レーベルごとに雰囲気が変わるので、いろいろなテイストを楽しめるの飽きがこないと言えるでしょう!

ジャーナルスタンダードはアメカジベース、エディフィスはフレンチテイスト、WISMはストリートテイスト等かなりブランドにより個性が違います。

また衣服以外のジャーナルスタンダードファニチャーをはじめとした家具屋、ロブスターロール、ハンバーガー屋さんなど多くの飲食を展開しているのも特徴です!家具はどれもおしゃれで、飲食はおしゃれでおいしいです!

特徴:接客、スタッフ

【ÉDIFICE】これが2020年ベストアウター!コーディネートも教えちゃいます。

ベイクルーズのスタッフはブランドによって服のテイストが異なるように店舗のテイストによって販売員の雰囲気もガラッと変わります。ジャーナルスタンダードはビームスのような雰囲気で、エディフィスはユナイテッドアローズのような雰囲気があります。同じ会社なのにこのように雰囲気が違うのは面白いですよね。

店員さんもフランクの方もいれば、すごい丁寧の方もいたりしますが、基本としてそこまで接客にすごい来るという印象はないので、ゆっくり見たいなんて方なんかにいいかもしれません。

展開ブランド・レーベル

ベイクルーズは衣服でも数多くのブランドを展開しております!ここでは飲食店のブランドは紹介せず、衣服に絞って紹介させていただこうと思います!

  • IENA(イエナ)女性のみ
  • SLOBE IENA(スローブイエナ)女性のみ
  • EDIFICE(エディフィス)男女展開
  • 417 EDIFICE(フォーワンセブンエディフィス)男性のみ
  • PULP(パルプ)男女
  • Plage(プラージュ)女性のみ
  • Spick & Span(スピックアンドスパン)女性のみ
  • FRAMe WORK(フレームワーク)女性のみ
  • NOBLE(ノーブル)女性のみ
  • Deuxieme Classe(ドゥーズィエム クラス)女性のみ
  • L’Appartment(アパルトモン)女性のみ
  • AP STUDIO(エーピーストゥディオ)女性のみ
  • JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)男女展開
  • JOURNAL STANDARD relume(ジャーナルスタンダードレリューム)男女展開
  • JOURNAL STANDARD luxe(ジャーナルスタンダードラックス)女性のみ
  • JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダードレサージュ)女性のみ
  • UNFOLLOW(アンフォロー)男女展開
  • VERMEIL par iena(ヴェルメイユ パー イエナ)女性のみ
  • Le Talon(ル タロン)女性のみ 靴屋
  • La TOTALITE(ラトータリテ)女性のみ
  • ivory court(アイボリーコート)男女展開
  • EDIT.FOR LULU(エディットフォールル)女性のみ
  • Charles Chaton(シャルル シャトン)女性のみ
  • SAVE KHAKI UNITED(セーブカーキユナイテッド)男女展開
  • CITYSHOP(シティショップ)女性のみ
  • WISM(ウィズム)男性のみ
  • HIROB(ヒロブ)アクセサリー 男女展開
  • DECOUVERTE(デクーヴェルト)アクセサリー雑貨 女性のみ
  • WORLDLY-WISE(ワールドリー ワイズ)アクセサリー雑貨 男女展開
  • L’ECHOPPE(レショップ)男女展開
  • BONUM(ボナム)女性のみ
  • JOINT WORKS(ジョイントワークス)女性のみ
  • HARDY NOIR(アルディー ノアール)女性のみ
  • EMILY WEEKエミリーウィーク)下着 女性のみ

衣服のブランド・レーベルだけで見ても、約34ものブランドを展開しております。またこれにプラスして飲食店なども出しており、その活動の範囲の広さはセレクトショップの域を超えているかもしれませんね笑 こうみても女性向けのブランドが多く、女性から人気の高いショップが多いのもベイクルーズの特徴といえます!

総括

以上いかがでしたでしょうか?

今回紹介させていただいたセレクトショップの3社だけを見てもかなり多くのお店を展開しているので、この三社を抑えさえすれば他のお店を回る必要がないです!

もちろん他にも素敵なお店はありますが、あまりに店舗数が多すぎて色々見て回るのは大変かと思います。なので今回おすすめした三社をメインで回ればきっと気に入った商品、お店が見つかるはずです!

またセレクトショップは色々なお店でお買い物をするより特定の一社で買い物をした方がお得にお買い物が出来ます。特に今回紹介した3社は大手なので、VIP様への待遇などが手厚いです。なので気に入った店舗を見つけたらそこで買い物し続けることをおすすめします!

上記3社の中で気に入ったブランドが見るかると幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました