【SOTO ヒノト徹底レビュー】ソロキャンプ・自宅でもおすすめ!話題のSOTO hinoto/ヒノトを徹底解説!

SOTO ひのと hinoto ガストーチ

今回はSOTOより発売されたガスランタンである「hinoto/ヒノト」について徹底レビューしていきたいと思います!

現状品切れが続いており、なかなか簡単に購入できませんがとても素晴らしいアイテム・ギアですので流通が安定したら是非手に取ってみてください!!

おすすめポイント
➀デザインがカッコいい
➁コンパクト設計でソロキャンプ・自転車キャンプにもおすすめ!
➂余ったガスを有効活用できる!

基本情報

SOTO ひのと hinoto ガストーチ
ブランド SOTO
商品名hinoto ひのと
価格¥6,930
外形寸法 幅38 X 奥行38 X 高さ156mm
重量232g
燃焼時間充てん式専用タンクで1〜2時間
(タンク充てん状況や
火力により変動します)
材質アルミニウム、真鍮
ステンレス、ガラス、樹脂
付属品ホヤガード、保管スペーサー
パライソ商店R
¥16,610 (2021/06/18 05:23時点 | 楽天市場調べ)

シンプルで洗練されたデザイン

SOTO ひのと hinoto ガストーチ

SOTO製品は共通して言えることかもしれませんムダなデザインが無く、ヒノトは洗練されたデザイン性がとても魅力です。

キャンプの食卓で素敵な揺らめく炎

SOTO ひのと hinoto ガストーチ
自宅のベランダで撮影。外は真っ暗でキャンプでご飯食べる時には十分な明るさだと思います!
・炎の揺らめきと明るすぎない絶妙な明るさから素敵な雰囲気を演出してくれます!
・重点式タンクを使えばテーブル上もすっきり!

hinoto/ひのとは通常のガスランタンやLEDランタンとは違いろうそくのような炎によって明かりを照らします。

明るすぎることもなく、良い感じの雰囲気を演出してくれます!

また充填タンクを使用すれば、OD缶も不要なので自転車キャンプ、ソロキャンプで使用するようなコンパクトなテーブルの上でも場所を取らずに使用することが可能です!

SOTOらしいシンプルなデザイン

SOTO ひのと hinoto ガストーチ
SOTOらしいシンプルでカッコいいデザイン!

SOTOと言えばシンプルなデザインが特徴のブランドだとMKSKは思っております。

レギュレーターストーブはじめシルバーで統一されたデザインが特徴です。

ヒノトでもそのデザインは健在で、シルバーとブラックの二色で統一された洗練されたデザインです。

SOTOのロゴもホヤ部分にあるだけでとてもシンプルになっております!

充填タンク部分にもブランドロゴはありますが、シールになっているため簡単に取り外すことが可能です!

自宅で使っても素敵です!

SOTO ひのと hinoto ガストーチ
自宅での雰囲気を醸し出すのに最適!

自宅でご飯を食べる時、晩酌を楽しむときなんかの時の雰囲気出しに使ってもおしゃれな雰囲気が出て素敵かと思います!

お庭がある方や、べランピングをしている方なんかにもおすすめです!

コンパクトで持ち運びに便利!

SOTO ひのと hinoto ガストーチ

SOTO ひのとはとてもコンパクトのため持ち運びにとても便利となっております。

自転車キャンプ、ソロキャンプの方になんかには特におすすめとなっております!

ポケットにも入るくらいコンパクト!

SOTO ひのと hinoto ガストーチ

ひのとは非常にコンパクトな設計となっており

公式ページ上の表記だと

幅38 X 奥行38 X 高さ156mm

というコンパクト設計になっております!

高さはおよそiPhone12と同等の高さになっており

太さに関してはGOAL ZERO LIGHT HOUSE MICROと同等になっております!

入れることは無いと思いますが、ポケットにも入るくらいコンパクトな設計となっております!

充填タンクを使わない場合はさらにコンパクトになり、高さ102㎜になります!

重さはワイシャツ1枚と同等!

ひのとはコンパクトでありながら、軽量でもあります!

重さは約222gとなっており、ワイシャツ1枚(約200g)と同等です!

コンパクトでありながら、重量も軽いと持ち運びが便利になってうれしいですよね!

余ったガスも有効活用?!使用方法を解説!

ここでは実際の使用方法について解説していきます!

➀充填タンクにガスを充填!

SOTO ひのと hinoto ガストーチ
ちなみに充填タンクのSOTOのロゴはシールなので外すことが可能です!

まず充填タンクを取り出します。

回せば簡単に取り外すことが可能です!

取り外したら充填タンクにガスを充填していきます。

対応ガスはOD缶・CB缶・ライター用ガスが対応しております!
またSOTOのOB缶であればそのままhinoto/ヒノトを装着することが可能!
*OB缶からガスを充填する場合は別売りのアダプターが必要です。

充填タンクを水平な場所に置き、ガスボンベの挿入口を合わせ差し込むと充填が開始されます!

OD缶がちょうどなかったので、OD缶に取り付けるフィルアダプターで撮影しております。

ガス缶の充填バルブから液化したガスが吹き出してきたら、充填完了の合図です。

ここまで来たら準備完了!

あとは着火するだけです!!

➁ホヤ部分を取り外し、火をつける

SOTO ひのと hinoto ガストーチ

ガスを充填した充填タンクに取り外した上部を取り付けます。

この際に口がしっかりと閉まっているか確認しておきましょう。

しっかりと最後まで回して取り付けます!

取り付けたら透明なホヤ部分だけ引っ張ると簡単に取れるのでホヤ部分を取り外します。

必ずホヤを外してから火を付けましょう!
ホヤ内にガスがたまっていて危険です。
取ってからの方がつけやすいですしね。
SOTO ひのと hinoto ガストーチ

あとはライターやSOTOのガストーチなどで火をつけます!

こちらのガストーチもSOTOの製品でかなり有名なので、今更紹介しなくていいかと思うのですが先端が伸びるのですごい便利です。

またひのとと同様にガスを充填できるのでライターのように使い捨てないで使うことが可能です!

➂ホヤを付け直して火力調整して楽しむだけ!

SOTO ひのと hinoto ガストーチ
火を付けたら消えない程度に火を小さくして、ホヤを取り付けます。
火が大きいと手が熱くなり危険です!

そしたらあとは火の好みの大きさに調整し楽しむだけです!

SOTO ひのと hinoto ガストーチ
火は最大でホヤの2/3程度の大きさになります。
充填タンクで1~2時間燃焼
SOTOの満タン230gのOD缶では24時間燃焼します!

順を追って説明しましたが、充填タンクへの重点はご自宅ですると思いますし、OD缶を取り付けた場合は火をつけるだけですので、実際のキャンプ地ではすぐに使用することが可能です!

価格面が若干高い…

いいところばかりではなく、しっかりと残念なポイントも紹介させていただきます!

価格面が少し高い…
通常¥6,930-(税込)

この手のガストーチはコールマンやスノーピークなどでも展開されており、それらに比較すると価格が高くなっております…

これらの商品に比べると、若干価格がたくなっております。

しかし!

充填タンクが付いているのは「SOTO ひのと」だけです!
テーブル上でコンパクトに使いたい
OD缶を必要最低限しか持ち歩きたくない

こんな方にはSOTO ひのとが非常にオススメとなっております!

まとめ

いかがでしょうか?

今回はSOTOから発売された「ひのと」についてレビューさせていただきました!

最後に簡単にまとめると

➀デザインがかっこいい!
➁コンパクトで持ち運びに便利!
➂使い方も簡単!
➃おしゃれな雰囲気を出せる!

他にもスノーピークやコールマンなどからも似たようなものが出ておりますが、充填タンクが付いているのはSOTO ひのとだけです!

特にソロキャンプや自転車キャンプでは荷物も限られ、荷物を大きくしたくないもの。

そんな中で荷物を最小限に抑え、且つスタイリッシュなデザインはもちろん、安定的な明かりを供給してくれるガス式タイプで使い勝手も良いこちらを導入しない手はありません!

是非お手に取ってみて下さい!

パライソ商店R
¥16,610 (2021/06/18 05:23時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました