【おしゃれ!】蓄圧式噴霧器手動でおすすめのANMASをレビュー!多肉コーデックスにおすすめ!

今回ご紹介させていただくのはアガベはじめ多肉植物やコーデック/塊根植物を育てる際にあると非常に便利な筆者が愛用しているANMASの蓄圧式噴霧器をご紹介させていただきます!

この蓄圧式噴霧器があれば水やりの効率がとても上がるのでとてもお勧めです!

是非この機会に検討してみてください!

【この記事がおすすめの方】
・蓄圧式噴霧器の購入を検討している方
・おしゃれな蓄圧式噴霧器を探している方
・水やり道具で何を買えばいいかわからない方

オススメの水やり道具を他にも紹介しているのでよかったらご覧ください!

そもそも蓄圧式噴霧器とは?

蓄圧式噴霧器とは…
タンク内の水をピストンで加圧し、その勢いで水を霧状に出すアイテムのことです!
簡単に言うとプールで子供が使う大きな水鉄砲をイメージするとわかりやすいと思います!

半自動で水が出るので、非常に水やりの効率が上がって便利のアイテムで。

蓄圧式噴霧器は大きく分けて2種類で電池などの電気で動かすタイプとポンプを手動で動かす手動タイプの2種類となっております。

趣味程度の利用であれば手軽に使える手動のタイプがオススメです!

容量に関しても持っている植物の量によって変わりますが、基本的に5L程度あれば十分かと思います。

それ以上あっても良いのですが、置き場所を取ったりするので筆者的には5Lで十分です。

反対に1.5Lのタイプなどコンパクトのモノは何回も水を補充しなければならず大変です…

・手動の蓄圧式噴霧器がおすすめ!
・容量は5Lくらいがちょうどいい!

ANMAS蓄圧式噴霧器をレビュー

では筆者が愛用しているANMASの蓄圧式噴霧器を徹底レビューしていきたいと思います!

この程度の大きさの他の蓄圧式噴霧器を使用したことはないですが、筆者はこちらの商品で非常に満足しておりますので何を買えばいいか悩んでいる方の参考になったら幸いです!

基本スペック

ブランド ANMAS
価格¥2,789-(税込み)
2021年8/1現在Amazonにて
原産国中国
素材ポリプロピレン
容量5L / 3L
大きさ20㎝×20㎝×45㎝
誤差はご了承ください。
タイプ手動

使い方を徹底解説!

使い方はいたって簡単ですが、説明書が無く、本体にイラストがあるだけで若干わかりづらい部分もありますので解説していこうと思います!

【簡単な流れ】
➀ポンプ(ピストン?)を押し込み左に回してポンプと取り出します。
➁水が入れれるようになるので水を入れて、逆の手順でポンプを付けます。
➂あとはポンプを手で何度も押し込み空気圧を貯めます。
➃手元のスイッチ/レバーを押し込み水を噴射!

簡単に説明すると上記のようになります。

では写真付きで解説していきます!

➀ポンプを一番奥まで押し込み左回りで回してポンプを取る

このように一番奥まで押し込みます!
一番奥まで押し込むには赤い丸の部分を合わせないと奥まで押し込めないので注意!
押し込んだら反時計回りの方向に回すことでこのポンプを取ることが出来ます!
半時計回しに回すと画像のようにポンプを取り外すことが出来ます!

➁水を入れる

ポンプを取ったところから水を入れていきます。じょうごのようになっているので水を入れやすい!

➂ポンプを押し空気圧を上げる!

ポンプを出し入れして空気圧を貯めます!入れすぎても安全弁から空気が勝手に出るのでとにかく入れましょう!

➃スイッチを押して、水を出すだけ!

手元のスイッチを押して水を出すだけです!!
こんな感じで水やりできます!葉水も問題なし!

ANMASのおすすめポイント

ではなぜこのANMASの蓄圧式噴霧器がおすすめかを徹底的に解説させていただきます!

勝手に水が出続ける!

スイッチを押し込めば半自動的に水が出続けます!

これが非常に便利なのですが、この後紹介する小さめの蓄圧式噴霧器で人気の「アナハイム スプレー」も非常に優れた商品で筆者も愛用していたのですが、ボタン/スイッチを押し続けなければいけません。

しかしこのANMASの蓄圧式噴霧器であれば、スイッチを押し込めば後は勝手に水が出てくれるのですが!

ちょっとした違いですが、多くの植物に水やりをするときの疲れが半減すると言っても過言ではないです!

水の出方を変更可能!

・シャワータイプ(じょうろのようなタイプ)
・水差しタイプ(勢いがある直線のタイプ)
2種類に簡単に変更が出来ます!

変更方法は非常に簡単で、先端のノズルを回すだけです!

回す量によって好みに水の出方の調整が可能となっております!

勢いよく水も出るので、ハダニなどの虫対策にもうってつけです!

この先端を回せば、水の出方をシャワータイプ、水差しタイプに変更可能!
先端のノズルを締めればシャワータイプになり水やりが可能です!
ノズルを緩めれば水差しタイプとなり勢いよく水が出ます!

水やりが時短に!

水が勝手に出る、水の出方を変更できることで水やりの時間がとにかく短くなります!

これが何よりもうれしいです!

水の容量も5Lと多くの水を一回で入れれるので、何回も水を入れる必要性がないのです。

また水が勝手に出てくれるのであとはノズルをもって水をあげたいところに向けるだけ!

また肩掛けのベルトも付いているので、動き回ることも可能です!

もうとにかく便利なんです!

デザインが◎

デザインが他のものに比べて優れている!
蓄圧式噴霧器はあまりデザインが良いものが少ない中これは優秀!

ANMASの蓄圧式噴霧器の良い点としてデザイン性が優れている点があげられます!

こういった特段デザイン性も優れていないような業務用のものが多く、中々カッコいいものが少ないです。

ANMASの蓄圧式噴霧器はその点デザイン性も優れており、ベランダや室内においてもそこまでインテリアを雰囲気を壊さないので趣味で多肉植物やコーデックスなどを育てている方には非常にオススメとなっております!

水やり以外でも使える!

網戸などの掃除にも使える!
除草剤など庭の手入れにも!

ポンプを押せばそれなりに勢いが出るので、水をあげる以外にもそれなりに使えるのが蓄圧式噴霧器の良いところ!

もちろんケルヒャーなどの水圧洗浄機に比べたら劣りますが、水差しタイプにすればそれなりの勢いもあるので筆者は網戸の掃除などに使ったりしております!

それなりに使えております!

また水やり以外にも薬品を散布するのにも非常に便利なので、庭の雑草除去に使ったりと色々と使えるのが蓄圧式噴霧器の良いところです!

他のおすすめの蓄圧式噴霧器を紹介

筆者はANMASの蓄圧式噴霧器を愛用しておりますが、他にもおすすめの商品が2つあります!

・ANMASの蓄圧式噴霧器のデザインが好きではない方
・5Lの容量が多すぎる方

こんな方はこれらの商品が非常にオススメです!

Pressure Spray

出典:Amazon
【おすすめポイント】
・蓄圧式噴霧器の中で一番デザインがかっこいい!
・肩掛けもできて楽に水やりが可能!
・一気に大量の植物に水やりが可能!
・シャワータイプ、水差しタイプ変更可能!

このブログを書いている途中で見つけたのがこちらになります!

もっと早く見つけれたらよかった…

デザインが筆者が所有しているANMAS 蓄圧式噴霧器よりかっこいい…

基本的なデザインと機能は筆者所有のANMASの蓄圧式噴霧器と一緒になっております!

今大人気のneighborhoodから発売されている植物用の道具のライン「SRL」から発売されている蓄圧式噴霧器にデザインがとても似ております!笑

そちらは価格が倍以上するので個人的にはこちらで十分かと思います!

恐らく物は一緒でデザインを若干買えただけのように思います…

デザインがこちらの方がお好きの方は非常におすすめの一品となっております!

アナハイム スプレー

【おすすめポイント】
・1.5Lなので持ち運びが容易
・まだ植物が少ない方に便利
・シャワータイプ、水差しタイプ変更可能!
・デザインがかっこいい!

筆者がANMASの蓄圧式噴霧器を購入する前に使用したのがこちら!

サイズも比較的コンパクトでデザインもオシャレで5Lなどはちょっと大きいという方に非常にオススメのアイテムです!

他の蓄圧式噴霧器と同様に空気圧で水を出す仕様で、水の出方もシャワータイプ、水差しタイプと変更が可能です!

価格も比較的お求めやすいので、水やりの道具を持っていないという方、最近多肉植物、塊根植物を育て始めた方に非常にオススメのアイテムとなります!

アナハイムジェネラルパーパススプレイヤーについてはこちらの記事にて解説しておりますので是非ご覧になってください!

まとめ:持っていないなら買うべき!

いかがでしたでしょうか?

今回は筆者が愛用しているANMASの蓄圧式噴霧器をご紹介させていただきましたが、これによって水やりの効率が非常に良くなりました!

【おすすめポイント】
・水やりの時間が短くなる!
・虫対策になる!
・デザインも良い!

もし、じょうろなどで一つ一つ上げているのであれば絶対に導入をおすすめします!

こんなにも楽になるのか!と感動して頂けること間違いなしです!

購入するのであれば送料もプライム会員なら無料で価格も安いAmazonがおすすめです!

他にも多肉植物・塊根植物を育てるのに必要な道具をご紹介しておりますので、是非別の記事も見てみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました